2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012

【写真展『A RED HAT / 赤い帽子』開催のお知らせ】
この度、銀座ニコンサロンと大阪ニコンサロンにて写真展をやらせていただきます。2017年から継続的に北海道に通ってる理由がこれでした。銀座ニコンサロンにはほぼ毎日在廊予定です。ぜひ会場でお会いしましょう!

<nikonサイト内掲載情報>
https://www.nikon-image.com/…/s…/events/201706/20190918.html

【銀座ニコンサロン】
2019年9月18日(水) 〜 2019年10月 1日(火) 日曜休館
10:30~18:30(最終日は15:00まで)
【大阪ニコンサロン】
2019年10月10日(木) 〜 2019年10月23日(水) 日曜休館
10:30~18:30(最終日は15:00まで)

【内容】
2017年6月から北海道音更町在住の松本五郎さん(現在98歳)、そして北海道旭川市在住の菱谷良一さん(現在97歳)のところへと通い、彼らの日々の生活にレンズを向けている。その日常はとても穏やかで、本を読んだり映画を観たり、絵を描いては友人たちと談笑したりひ孫さんたちと遊んだり。彼らの生活に身を委ねて一緒に時間を過ごすと、普段東京の直線的な速度に沿って生きているこちらの心は、2度と東京に戻りたくないと考えてしまう。結局戻るのだが。

そんな彼らは2人とも学生時代に同じ学校で美術部に所属しながら教師を目指していた。それがある日突然、刑務所に入れられる。

1941年9月20日早朝、旭川師範学校美術部の学生であった松本五郎(当時20歳)と菱谷良一(当時19歳)は学生寮で起床寸前のところを特別高等警察に治安維持法違反容疑で逮捕される。当時の美術部では熊田満佐吾先生(東京美術学校卒、現東京藝大)の指導のもと、より良い生き方を模索するため教科書通りに絵を描くのでなく、生活や社会の実態をよく観察しそれを絵にする美術教育が行われていた。しかしそれらの絵は突然、反国家的であり共産主義的だとして犯罪の証拠とされる。2人は何か思想を持って描いていたわけではない。結局1942年12月28日まで旭川刑務所に入れられる。そしてこれが「生活図画事件」と呼ばれている。

出所後の1943年2月11日、菱谷良一さんは妹さんの赤い帽子を被り、自画像を描いた。

【写真集について】
そして写真集も赤々舎から出る予定だったのですが、編集とレイアウト等にとても時間がかかっており、展示には間に合いそうにありません。当初、クラウドファンディングも考えていたのですが、これも少し方向性が変わり始めて、赤々舎の姫野さんとの話し合いの中で、このプロジェクトでは事前予約の方が良いのではないかということになり、その方向で動いてます。お会いする度に支援するよ、と仰っていただいた方々には大変申し訳ございません。その度にこちらも勇気をもらい制作意欲をかき立てられていたのですが、それでも僕の力及ばずで展示に間に合わすことができませんでした、申し訳ないです。ですが、写真展会場では少し本の内容がわかるようなものを置けたら置きたいと思っております(曖昧ですみません)。そこで予約を受け付けると思います。展示をご覧いただき、あぁ良いなと思っていただけたらぜひともご予約をお願い致します。

それではどうぞよろしくお願い致します!!:)

https://blog.kentaro-takahashi.com/post/187132599087